和太鼓もりやん

アクセスカウンタ

zoom RSS 議題の意見交換って。

<<   作成日時 : 2013/01/28 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

こんばんは宇野です。




様々な委員会やイベント運営のお手伝いをさせて頂いているのですが、案外難しいと思う事があります。
それは議題をテーマに話し合う、という事です。

議題というお題目があるので、それを叩き台にしてより良い物にというはずなのですが、、、。


大概は脱線します。 (笑)


広がりが出来る脱線ならいいのですが、極端に言うと、どっちでもいい様なこだわりへの脱線が多いのです。

どんな脱線かというと、、、。

配布するテキストの書体をこうしようとか、色はこれがいいとか、はては句読点の修正とか。
もちろん、それも大切な事には変わりがないのですが、私には二次的な事と思えるのです。


でも、そういった部分の議論が大好きな人が、どこの組織にも一定数います。


私なんかは去年と今年のデザイン配置の検討より、まず今年はどんな事を外に打ち出していくか みたいな事が、
優先じゃないかと思っちゃいます。

参考までのデザインを、いつまでも突いているのは ちょっと違う気がするのだけど。


 いうような事を言うと、3倍理論で帰ってきそうで、、、  無口にしています。  (笑)


ただ感心するのは、こういう人達は物凄く記憶力がいいのです。

前回の会議の誰々さんの意見の後の、誰々さんの意見ですが、、、。 私なら済んだ事は忘れちゃいますけど(笑)

でも だから、細大もらさず気になるのかも知れませんね。


ある程度の年齢になったら、見えるのに見えないフリをするとか、気づいているのに気づかないフリをするとか、
相手を受け入れる寛容さも大切じゃないかと思うけど。


なんて そんな事を言うと、今度は10倍帰って来そうなので、やめておきますが〜  




だれかの言葉でこんなのがありました。

議論で勝つという事は、対話で負けるという事。   意味深いですね。



画像

                            (  平針農業試験場にて )





○はるちゃん へ

私が議事進行役をやってた事があったりして ( 笑 )  この委員会では無いけどね。

こういう人達は、自分の存在をアピールしたいのかも知れないけど、ポイントはそこじゃ無いんだけどね。
でも本当に関心するのは、そういう人達も受け入れている、そこの代表者やブレーンの人達。

どんな価値観にも公平で、懐が深いと思う。

ありがたい事に、そういう人達と私は気が合う。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
わかる!わかる!
問題や課題を解決しようと思ったら、まず情報収集が重要ですよね。
テキストを見る人が、どんなテキストを期待しているのか?
リサーチすれば答えはおのずと導き出されます。

せっかく論ずる場を設けるのであれば、本質的な問題や課題について話し合いたいもんです。
そういう場では、議事進行係が有能かどうかで内容が決まっちゃうと思います。

「あぁ〜〜!!!この話、だれか止めてくれ〜〜!!」って、心の中で叫ぶよりは
議事進行役を司会の人から奪ってしまうのも一つの策かもしれませんよ。
はる
2013/01/28 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
議題の意見交換って。  和太鼓もりやん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる